最も恐ろしい性病とは

いつどんな形で自分の身に降りかかるかわからない性病。普段から性行為をしている方は他人事ではありません。もしかしたら性病かも?という初期症状についてご紹介します。

性病にかかった場合の局部に起こる症状

性病にはいくつかの種類があり、かかってしまった場合には局部を中心として様々な症状が現れます。
まず、代表的なものとして淋病をあげることができます。
淋病とは淋菌によっておこる尿道炎のことを指し、潜伏期間は2~7日で発病をします。
男性の場合には、最初、尿道に軽いかゆみや熱っぽさを感じ、しだいに排尿時に尿道から粘着質の分泌物が出るようになります。
症状が進むにつれ排尿時に強い痛みを感じるようになり、尿道口が赤く腫れあがったりします。
そして、放置をした場合には尿道狭窄に至る可能性があります。
女性の場合には症状がなく、検査では性器淋菌陽性患者の場合には口腔の咽喉からも淋菌が検出されることもありますが、この場合にも症状はありません。
ただし、女性の場合にはおりものの雑菌のために陽性と診断されることもあり、パートナーと同時に診断を受けることが大事なことになります。
また、淋菌が検出された場合には必ず、クラミジアにかかっていないかも調べる必要があります。
次にクラミジアに関してですが、よく見られる性病の1つであり、症状としては排尿時に違和感を感じたり、下着が汚れる程度の膿がでる場合もありますが、無症状のときもあります。
特に女性の場合には自覚症状がなく感染を広げる原因ともなります。
症状が進むと男性の場合には副睾丸炎や前立腺炎となり、女性の場合には卵管炎などの骨盤内炎症性疾患を起こし不妊症となる原因にもなるため、注意が必要となります。

次に性器ヘルペスの場合ですが、性器ヘルペスには急性型と再発型の2種類があり、急性型の場合には2~7日程度の潜伏後に症状が現れ、かゆみやひりひり感、また痛みを感じ軽い刺激感を伴い赤くなります。
その後、米粒大の水泡ができ、それが破れて潰瘍状態になると外陰部が激しく痛むようになります。
症状がひどいために排尿困難や歩行困難になることもあり、また、頭痛や発熱、足の付け根のリンパ腺が腫れたりもします。
反面、再発型は急性型と違い症状は軽いのが特徴となっています。
梅毒に関しては、まず、1期から3期まであるのが特徴で、症状が現れるのは感染後、約3週間の潜伏期間をおいてからです。
まず、感染部に赤いしこりができ、1期では体全体に発疹ができて熱が出る場合があります。
2期においては頭や胸骨などにゴムのような腫瘤ができ、3期になると脊髄や脳が侵され始め、下半身麻痺や痴呆状態になります。
その後は経緯によって変化をしていきますが、これは、全く未治療の場合の症状であり、現在においては、早期発見による抗生物質の服用やペニシリン療法により治すことが可能となっています。